古川工務店の家づくり
Concept

concept

古川工務店の家づくり

ライン
古川工務店の長期保証
  • ・長期60年保証
詳しく見る

一般的に新築住宅は10年間の保証ですが、古川工務店では、お客様に更なる安心をお約束するため、長期60年保証を2021年1月より採用いたしました。
第三者機関による長期保証で、お施主様に安心をお約束いたします。

万が一、弊社の廃業や倒産が生じた場合であっても、工事の不具合が原因の構造や防水の補修、点検(※)、住宅に関する相談窓口などを第三者機関が行いお施主様をサポートし、問い合わせの窓口がなくなってしまう最悪の事態を回避できます。
(※)点検につきましては、引渡日から1年を経過するまでに弊社の廃業や倒産が生じた場合に限り、1年目の点検を無償にて実施いたします。その他の点検は有償となります。なお、点検の際に構造及び防水以外の部分で不具合が発見されたときは、有償もしくは住宅取得者さまの手配にて補修していただきます。

◇保証期間
引渡日より20年間となります。20年以降は、5年または10年の延長(有償更新)を繰り返すことで、最長60年の長期保証にまで対応いたします。
◇保証限度額
2,000万円から5,500万円までとなります。保証限度額は建物の価格によって変動いたしますので、保証限度額をご指定いただくことはできません。
◇保証対象外となるもの
  • ・引き渡しから10年を経過し、不同沈下を伴う不具合の場合。
  • ・劣化や自然災害等、弊社工事の不具合が原因ではない場合。
  • ・弊社または第三者機関が、不適切であると指摘したにも関わらず住宅取得者さまが採用した工事等の場合。
  • ・保証対象以外に、弊社が独自に保証しているもの。

◆よくあるご質問

①大手ハウスメーカーの長期保証と同じですか?
大手ハウスメーカーであっても廃業や倒産すれば保証は終了してしまいますが、弊社では、同時に第三者機開の解証を付けております。万が一のことがあっても構造・防水の保証は継続されますので、お客さまをしっかりとお守りできる体制となっております。
※引渡日より10年間については、弊社に万が一廃業や倒産等が生じている場合、住宅瑕疵担保責任保険によりお客さまに、補修費用が支払われます。
②10年目にメンテナンスをしないと保証が終わってしまいますか?
最長○○年保証と言っても、10年目に決められたメンテナンスを実施しなければ終了する保証が多くあります。本来、周辺環境や自然災害の等響など住宅によってメンテナンスの時期はさまざまです。弊社では、住宅の状態に合わせて適切な時期にメンテナンスをご提案しますのでご安心ください。
※経年劣化によるメンテナンスが急務と判断される箇所のメンテナンスを実施していただけない場合は、20年目以降の延長ができないことがございますのでご了承ください。
③他社にメンテナンス工事をお願いしても保証されますか?
誠に申し訳ございませんが、他の事業者さまが実施した工事の責任について、弊社が保障あるいはその責任を負うことはできません。
※弊社が防水・構造に関わるメンテナンス工事を実施した場合は、その商所も保証対象となります。
定期点検について
  • ・定期的な点検とメンテナンス
  • ・点検回数と内容
詳しく見る
  • 定期的な点検とメンテナンス
    定期的な点検とメンテナンス
    欧米の住まいが長持ちなのは、定期的にメンテナンスしているからなんです。住まいの資産価値を高めるためにも定期的な点検とメンテナンスが必要となってきます。
    しかし暮らしの中で、いつ頃にどこを点検をすべきか覚えておくのは難しいかと思います。
    そこで弊社では点検が必要な時期になると、定期点検のご案内をお送りしております。
  • 点検回数と内容
    定期点検は住宅のお引渡し日から3ヶ月目、1年目、2年目の計3回実施しています。
    点検日につきましては該当月に案内状をお送りし、お客様のご都合をお伺いした上で決定します。
    点検を行い補修または改修の必要がありましたら、都度ご相談の上で対応しております。

    ※上記定期点検以外にも、住まいの気になる点はいつでもご連絡ください。

    無料となるもの施工上の瑕疵によるもの
    有料となるもの住まい方により発生したもの
    経年劣化によるもの
    自然現象、事故等不可抗力的要因によるもの
    お話し合いが
    必要なもの
    複合的な原因によるもの