古川工務店の家づくり
Concept

concept

古川工務店の家づくり

ライン
断熱性能の高い省エネ住宅
全棟、高気密・高断熱の省エネ住宅
木材は断熱性に優れた材料です。そのため木の家は、他の建材を使った家に比べ熱を通しにくいという利点があります。しかし、伝統的な日本の家屋のように隙間の多い構造では、せっかくの木材の利点も活かされません。
ツーバイフォー工法の家では木材の採用はもちろん、床・壁・天井が隙間なく接合された一体構造で高い気密性を確保しています。
さらに家全体に断熱性能の高い断熱材を充填し、開口部の窓には樹脂枠ペアサッシを採用。これにより優れた断熱性能を実現しています。気密性・断熱性に優れたツーバイフォー住宅は、一般木造の次世代省エネ基準仕様住宅に比べ、標準仕様ですら約40%も節約できる省エネ住宅なのです。
マシュマロ断熱
  • ・全棟標準仕様のマシュマロ断熱
  • ・マシュマロ断熱の優れた特徴
詳しく見る
全棟標準仕様のマシュマロ断熱
住まいは簡単には変えられないもの。だからこそ、いつまでもその快適性を確保したいものです。マシュマロ断熱はフォーム内部の99%が空気であり、その空気で断熱をしているので断熱性能の劣化がありません。また、現場で発泡させるので構造躯体に隙間なく接着。構造体の温度変化や劣化による伸縮にも柔軟に対応できます。経年により剥がれたり、隙間ができたりすることもありません。
高度な断熱・気密化により、外気との無駄な熱交換がなくなり、温度差の少ない快適な空間が叶います。たとえばトイレや浴室・洗面所等の温度差が小さくなることで、冬場のヒートショック(急激な温度変化による血管収縮)を未然に防止。お年寄りや小さな子どもがいるご家庭でも安心です。
  • マシュマロ断熱

    水を発泡剤として使用。環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使いません。

  • マシュマロ断熱

    液状で塗付。屋根裏、壁面の内部・床下・基礎部分に至るまで徹底的な断熱ができます。

  • マシュマロ断熱

    対象物に吹付けられると瞬時に反応し、数秒で約100倍に発泡。構造材との細かな隙間も逃がしません。

マシュマロ断熱の優れた特徴
  • ・水を発泡剤としフロンガスを使わないため、人と環境に優しい。
  • ・シックハウスの原因となる、ホルムアルデヒドを含まない。
  • ・高気密だからエアコン効率も良く、家計に優しくヒートショックの予防になる。
  • ・遮音性が高かく、騒音や生活の音漏れをシャットアウト。
  • ・高度な断熱・気密化で家の大敵である結露を防止。
天井ロックウール
  • ・天井ロックウール充填
  • ・ロックウールの優れた特徴
詳しく見る
天井ロックウール充填
天井ロックウール充填
天井にはロックウールを採用。微細な繊維の隙間に大量の空気を含む構造をしているため、抜群の断熱効果を発揮します。
また、優れた耐水性能や吸音性能で快適な環境づくりに貢献します。
ロックウールの優れた特徴
  • 耐火性
    ロックウールは万ー火災が発生しても延焼や類焼を抑えます。
    建築基準法において、国土交通大臣の不燃材料認定を取得しています。
  • 耐水性
    結露を防ぎ、構造体を長持ちさせます。水を吸いにくく半永久的に断熱性能を維持します。
    また、シロアリ・腐食・シミの発生等の防止にもなります。
  • 吸音性
    外部からの騒音、隣室や2階の物音などからの大きな音の進入を軽減。室内から外部への音漏れの減少にも役立ちます。
  • 安全性
    ホルムアルデヒドがほとんど発生しないF☆☆☆☆(ロクセラムボード保温板3号のみF☆☆☆)を採用し、内装仕上げ材の使用面積の制限を受けません。
    また発がん性があると問題になったアスベストと違い、ロックウールは国際がん研究機関からも発がん性に分類しないとされる“グループ3”の評価を得ています。
  • 安全性
    JFEのロックウールは玄武岩や天然岩石などを高温で溶融し、わたあめのように繊維状にした人造の鉱物繊維です。
    様々な建築物の断熱・防火・耐火の材料として昭和初期から活躍をしており、その性能と安全性には豊富な実績があります。
床下断熱
  • ・カネライトフォームの採用
  • ・カネライトフォームの優れた特徴
詳しく見る
カネライトフォームの採用
カネライトフォームの採用
省エネルギー・高性能といったますます高い環境性能が求められていく社会環境。
弊社では断熱材としてより高い評価を得ている「カネライトフォーム」を床下断熱材に採用し、自然との調和をはかり熱資源の有効利用と未来に繋げる生活環境づくりにも貢献しています。
カネライトフォームの優れた特徴
  • 優れた断熱性能
    独立気泡の小さな泡の中に気体を閉じ込め、熱伝導の三要素として知られる熱の「熱伝達・熱放射・熱伝導」の数値を最小限に固定。これにより独立気泡が熱をさえぎり、結露の抑制に繋がります。
  • 吸水・吸湿性がほとんどない
    独立した気泡構造により断熱の大敵である水が入りにくく、断熱性能の劣化を防いでいます。
  • 人と環境にやさしく
    フロン及びPRTR法※対象物質や、ホルムアルデヒドが含まれる発泡剤の使用を撤廃している床下断熱材です。その上マテリアルリサイクルも可能で、グリーン購入法にも適合しています。
    ※“PRTR法”とは有害性の恐れのある化学物質の環境への排出量を把握・公表をして化学物質の管理の改善を促進し、環境に支障が生じることを未然に防止することを目的として制定されました。
  • 完全ノンフロン化の実現
    冷蔵庫の冷媒等に使用されてきたフロンは建築資材・断熱材にも、その性能から従来から広く使われてきました。しかしフロンが大気中に放出されると、上空のオゾン層を破壊することが明らかになりました。オゾン層が破壊されると地表に到達する有害な紫外線の量が増加し、人体や生態系へ悪影響があると問題となっています。その面、カネライトフォームは完全ノンフロン化を実現しました。
  • 建材トップランナー制度対象商品
    経済産業省・資源エネルギー庁が製品の性能をさらに向上させるように目標値を設定し、その達成を求める制度です。
    カネライトフォームはその対象商品として認定されています。
窓のご選択
  • ・美しく住まいを彩る高性能な窓
  • ・木製トリプル
  • ・樹脂トリプル
  • ・樹脂ペア
詳しく見る
  • 美しく住まいを彩る高性能な窓
    美しく住まいを彩る高性能な窓
    古川工務店では、高気密・高断熱性・デザイン性に優れた省エネ住宅の実現のため、厳選した木製と樹脂の窓を採用しています。住まいの性能、意匠性に合わせて木製トリプル・樹脂トリプル・樹脂ペアサッシをお選びいただけます。
  • 木製トリプル
    木製トリプル
    木製サッシ「レノホンダ アウトライン」シリーズは、世界で最も省エネ基準の厳しい地域、北欧スウェーデンで生まれました。
    極寒20℃の世界では開口部の断熱性能も求められます。日本の住宅でも今後も益々高気密・高断熱化が進むことでしょう。高断熱化するためには、壁や天井の断熱性能を上げることだけでは完璧とは言えません。住宅の熱損失の40~50%は、開口部です。
    そのことから、この「開口部=窓」を高断熱化しなければ本当の省エネ住宅にはならないのです。
「レノホンダ アウトライン」は熱伝導率が非常に小さい木(欧州赤松)をフレームとして使用しています。木は一般的なアルミに比べて約1,500倍も熱が伝わりにくい素材です。それに加え、スーパーエナジープラスというトリプルガラスユニットを採用。
この組み合わせにより世界最高峰の断熱性能を備えた窓が誕生。さらに木が本来持つ優しい質感とその風合いが、北欧モダンデザインやナチュラルデザインに見事に融合します。
  • おしゃれで機能的な回転窓
    おしゃれで機能的な回転窓

    使いやすくてお手入れが楽々、美しさ長持ちの回転窓。180度回転式なので室内側から安全かつ簡単に外部のお手入れが可能です。窓全体が開口になり大きな風の通り道をつくり、非常に風通しの良い家にすることもできます。

  • 高い遮音性能
    高い遮音性能

    一般の防音性が求められる住宅に使われているのがT-1等級(25dB軽減)のサッシ。
    「レノホンダ アウトライン」の遮音性能はT-2等級(30dB軽減)。
    これは4㎜厚のガラスが3枚使われている騒音低減効果で、幹線道路沿いに建てられた家でも通る車の音がほとんど気にならないレベルに軽減されます。

樹脂トリプル・樹脂ペア
樹脂トリプル・樹脂ペア
樹脂サッシ「モンタージュ」は、欧米の優れたデザイン・性能を日本の品質で進化を遂げた高い性能とデザイン性を誇ります。断熱性・意匠性・防犯性のこだわりを満たした窓が、快適で豊かなライフスタイルの実現を支えます。
  • 高い断熱性能
    アルミの1/1000以下の熱伝導率を誇るPVC製フレームに複層ガラスを組み込んだ、高い断熱性能を持つ窓です。アルミサッシに比べ約4倍の断熱性能で夏は涼しく、冬は暖か。冷暖房費を大幅に節約できます。カビやダニの発生原因にもなる冬場の嫌な結露の発生を軽減し、快適で健康的な暮らしをサポートします。
    高い断熱性能

    Low-E複層ガラスには金属3層ソフトコーティングガラスを導入し、より高い断熱・遮熱性能を発揮(防火窓・トリプルガラス仕様を除く)。中空層には断熱性能を高めるアルゴンガスを充填しています。
    また格子についても樹脂製のものを採用し、断熱性能の向上を追求しています。樹脂サッシとLow-E複層ガラスの組み合わせなら、ほとんど外気の影響を受けません。

    断熱・遮熱性能をさらに向上させたものがトリプルガラスです。3枚のガラスのうち両サイドに配置した2枚のLow-Eガラス、加えてアルゴンガスを封入した2層の中空層が非常に高い断熱・遮熱性能を発揮。省エネ建材等級の最高等級4つ星の基準を楽々とクリアしています。厳寒地域やゼロエネルギー住宅などのより高性能な住まいに最適な窓です。

  • 美しいデザインを奏でる意匠性
    窓のデザイン、大きさや配置は住まいの印象を大きく変える重要な要素です。凹凸のある立体的なフレームデザインによりも、木製サッシのような高級感とアンティークな雰囲気を醸し出すのだと好評です。のっぺりとした平面的なデザインが多い樹脂サッシの中で、突出して優れたデザイン性を誇ります。酸化チタンを少量含ませることで樹脂の剛性を確保したことで、よりスリムでスタイリッシュな北米デザインを実現。これにより最大限の採光面積を確保しています。酸化チタンには樹脂をより白くし、日の光が当たることでクリーニング作用があるメリットもあります。
    美しいデザインを奏でる意匠性
    外観フレームは、豊富な16種類ものカラーバリエーションからお選びいただけます。
    住まいの外壁やエクステリアのイメージに合わせ、自由にコーディネートをお楽しみください。
    ご希望に合わせてオリジナルカラーをお作りすることも可能ですので、コーディネートの幅は無限に広がります。
  • 防犯性
    防犯性
    建物への侵入の手口で多いのは、窓ガラスを割ってクレセントを外しサッシを開けることです。しかし当社で採用しているサッシには、ワンプッシュ操作で補助ロック機能を発揮するベントストップが付いています。格子は室外側からは外すことができない構造で、室内側からでも格子を瞬時に外すことができない構造になっています。また一定の大きさを超える窓に関しては、防犯性・気密性を高めるため2つのロックが取り付けられ、より安心して暮らすための配慮された構造になっています。オプションでさらに防犯性能を高めることも可能です。