古川工務店の家づくり
Concept

concept

古川工務店の家づくり

ライン
さまざまな住宅の認定基準に対応した高性能住宅
長期優良住宅
  • ・標準仕様で認定基準に適合
詳しく見る
国は、良質な住宅を大切に使うことによって住宅の寿命を延ばそうという取り組みを行っています。
解体による環境負荷や地球への負担の軽減を図るとともに、建て替えのコスト削減による住宅負担の軽減を図ることを目的に、長期に渡って良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅を長期優良住宅として認定しています。
認定基準には、劣化対策・耐震性・維持管理・更新の容易性・可変性・バリアフリー性・省エネルギー性・居住環境・住戸面積・維持保全計画の9つの性能項目があります。認定を受けるには詳細な基準や申請手続き等が定められており、認定を取得した住宅はさまざまな税制措置が適用されます。
古川工務店の住宅は、その認定基準を標準仕様でも満たしているのです。
長期優良住宅
フラット35S
  • ・標準仕様で技術基準に適合
詳しく見る
「フラット35」は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している最長35年の長期固定金利住宅ローンです。長期固定金利住宅ローンは、資金の受取り時に返済終了までの借入金利・返済額が確定する住宅ローンのため、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。住宅金融支援機構において技術基準を定め、物件検査を行い、建築基準法に基づく検査済証の交付確認を行います。また、省エネルギー性・耐震性等に質が高く優れた住宅を建築する場合は、金利を定期間引き下げる制度「フラット35S」の適用が可能となります。
「フラット35S」をご利用いただくためには、フラット35技術基準を満たすことに加え、右図のいずれかひとつの性能技術基準を満たす必要があります。
古川工務店の住宅は、定められている技術基準も標準仕様で満たしているのです。
フラット35S

「フラット35S」で安心の住まい作りを応援いたします

ゼロエネルギー住宅
  • ・ZEHへの取り組み
詳しく見る
正式名称はネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(以下ZEH(ゼッチ))。
名前の通り、消費エネルギーと住宅でつくったエネルギー量の差が正味ゼロ、または住宅でつくったエネルギーのほうが多い住宅のことです。
「省エネによって消費するエネルギー量を減らすこと」
「消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出すこと」
この2つを基本理念に置き、成り立っているのがZEHです。
パッシブ型の設計を取り入れ、住宅建物自体の断熱性能を高め、高効率な設備を採用し、太陽光発電など創エネ設備を備える。国は2020年までに新築戸建住宅の過半数をZEHとし、2030年にはZEH住宅を平均とすることを目指しています。補助金制度は国の施策によって都度施行されます。
もちろん、古川工務店でもZEH化に真摯に取り組み、毎年実績をあげています。
ゼロエネルギー住宅